おすすめ!Netflix【五行の刺客】1話解説と感想。イコ・ウワイスのアクション爆裂!

Netflixオリジナル
これは必見!イコ・ウワイスのクールなアクションが炸裂するドラマシリーズがNetflixに登場!「五行の刺客:シーズン1」1話のストーリー、登場人物紹介と解説。キャスト紹介とネタバレ感想も。女性キャストのアクションもカッコイイですよ!

 

カモコです(^▽^)o

8月8日から、イコ・ウワイス主演のアクションドラマがNetflixで配信されています。

ネトフリオリジナルの「五行の刺客:シーズン1」です!

試しに1話を視聴したら、すっごく面白くてハマってきました!!

1話の冒頭からめちゃくちゃクールなアクションシーンが展開するので、アクション映画/ドラマが好きな人なら絶対気に入ります!

2話視聴したのですが、まずはどんなドラマシリーズなのかご紹介するために「1話」のストーリーと登場人物を記載します。ネタバレ感想もあります。

このドラマシリーズはおすすめです(^-^)

 

「五行の刺客:シーズン1」作品情報

 

 

原題:Wu Assassins : Season 1

ジャンル:アクション、ファンタジー

原作・制作:ジョン・ワース、トニー・クランツ

製作国:アメリカ

Netflix配信開始日:2019年8月8日

話数:10話

 

「五行の刺客」1話のあらすじ

 

サンフランシスコのとあるアパート。

数人のギャングがカイを襲うが、カイは素早く防御・攻撃し、次々にギャングを倒していく。カイの動きには、拳銃の弾丸をよけるほどのスピードがあった…。

 

その前日。

シェフのカイ(イコ・ウワイス)が、レストラン”マスター・ワー”で料理をしていると、「ピーナツ抜きだと言っただろう!」と怒鳴りながらトミーが厨房に駆け込んできた。

その料理を頼んだ客は、サンフランシスコのチャイナタウンを牛耳る「三合会」のメンバーだったのだ。

怒った客がスタッフに銃を向けるのを見て、カイはスタッフの前に立ちはだかり、ギャングを睨みつけた。それを見て慌てたトミーは、カイとギャングの間に入り、カイにその場を立ち去るように促した。

 

翌日。三合会のトップであるシックス(バイロン・マン)が、拉致した2人の男を殺害した。

殺された男たちはヨーロッパから流れてきたギャング、マクロウの部下だった。

 

サンフランシスコ警察は、シックスとマクロウが近々抗争を始めるのではと懸念し、2組のギャングの動きを掴もうと動き始める。女性捜査官のガヴィンが、車両窃盗のプロを装い、シックスの部下のルーシン(ルイス・タン)に接近することになった。

 

その日、カイはフードトラックで料理をしていた。仕事が終わり、トラックを出そうとしたところで三合会のメンバーに襲われた。急いでトラックを走らせたカイは、若い女性をはねてしまう。

驚いたカイが女性に近づくと、女性は無傷で、すぐに立ち上がった。そして、「あなたを探していたわ」と言うと、カイに何かを手渡した。

その瞬間、カイの体は炎のような光に包まれた。カイの体の中に不思議なパワーが吸収されたようだった。女性は、それは1000人の僧侶のパワーだと言う。

そして、通りがあっという間に異空間に変わり、カイの前に鎧を着た5人の武将が現れた。

 

Sponsored Link

「五行の刺客」解説と感想(ネタバレあり)


※※以下の感想には1話の完全ネタバレが含まれています※※

 

アクションは好きなジャンルじゃなくて、あんまり見ないんですが、このドラマシリーズはすっごく面白いです!

イコ・ウワイスを始め、登場人物のアクションがカッコイイのはもちろんですが、ストーリーがいい!

私はストーリー重視なので、そこが嬉しいです(^-^)

しかも、オリジナルが「英語」!!やった!わかりやすいし、助かる~

(中国語だったら字幕をずっと見てないといけないので)

 

登場人物の関係を解説

 

イコ・ウワイス演じる、カイは雇われシェフ。

1話冒頭のレストランで料理をしているのは、友人のトミーに頼まれたからです。

そのトミーは、妹のジェニーとレストランを共同経営しています。ただし、実権を握っているのはジェニー。トミーは出来の悪い兄貴のようです。ジェニーから借りたお金でドラッグを買って打っていました。

 

ジェニーとトミーは、カイとは長い付き合いみたいです。

 

サンフランシスコを牛耳る「三合会(トライアド)」のボス、シックスは、カイの育ての親です。

冒頭でカイを襲ったギャングは、カイとボスの関係を知らなかったんです…。

カイはシックスに構われるのが嫌なようですが、シックスはカイを手放す気はないようです。

 

そのシックスの部下のルーシンは、カイの友人。ルーシンは盗難車を売りさばくカーディーラーです。カイが気に入っているようで、(今のところは)悪いヤツじゃなさそうです。

 

サンフランシスコ警察の美人捜査官、ガヴィンは、ロシア語が話せるうえに、車の窃盗の経験がある(?)ということで、ルーシンに近づきます。1話では華麗にルーシンの車を盗んでいきました(^-^)

 

主人公のカイと、友人、養父、そして三合会が複雑に絡み合っています。1話の時点では、まだ誰が信頼できるのかわかりません。

 

五行の刺客とは

 

カイの前に現れた謎の女性。彼女はカイに「1000人の僧侶のパワー」を授けます。

…彼女の名前はインインです。2話でわかるんですが、面倒なのでもうインインと呼びます(^-^;

インインが言うには、

・カイは選ばれし者

・1000人の僧侶のパワーと顔がカイを助ける

とのこと。

 

では、カイが戦う相手は誰なのか?

 

それは、古代中国で戦争を起こし、五行の力によって腐敗した武将たち。

 

「五行」とは、「五つの元素」のことです。

「火」「水」「木」「金」「土」のエレメント。

 

インインが言う、腐敗した将には、それぞれ「火」「水」「木」「金」「土」の力があるらしく、1話でカイの前に現れた将のひとりは、水を「龍」の姿に変えてカイを襲いました。

 

…わかりやすく言うと、「聖闘士星矢」みたいな感じ(^-^)?

 

サンフランシスコに五行が集結するらしく、選ばれたカイは1000人の僧侶の力を使って、五行の将を倒し、世界を救わねばならないのです。

 

カイは「人殺しは嫌だ」と言いますが、インインは「殺らなければ、殺られる!」とかなり強く押してきます。周りの人も殺されるとまで言われてしまったし、僧侶のパワーはもう体に吸収されているしで、カイくんは後戻りはできない状態です。

 

カイに宿ったパワー!

 

アクション好きなら絶対ワクワク!する、イコ・ウワイスのアクションシーンが1話から満載です!

私はアクションについては無知なので、うまく解説できません。。ごめんなさい。

だけど、そんな私でも、冒頭の2分間は楽しめましたよ~♪

次から次へ、敵を倒すカイの素早い動きがカッコイイ!

銃弾を避けるシーンは、ネオには負けましたが(笑)、飛んできたナイフをサッと掴むところはカッコ良かったですね~

 

この、冒頭の2分間は、実は1話のラストシーンなんです。

 

1000人の僧侶のパワーと”顔”があなたを救う、とインインが言いましたが、その通り、カイがパワーを発揮すると、顔が僧侶に変わるのです!

だから冒頭で、カイに銃を突きつけた男が「歩けジジイ」と言ってたんですねー。

「まだ若いのに、ジイさん呼ばわりとは!」と思っていたら、そんな理由があったんです(^-^;

顔が変わるので、カイを襲うギャングは、それがカイだと気がついていません。

。。服装を見れば気づきそうなもんですが。。そこは無かったことに。

(服まで変わってましたー!でも戦いに参加してない人にはカイに見えるというシーンもあるんですよね…??)

 

僧侶になった場合でも、「ジジイ」というには若いと思いますけどね。。まだ50代くらいでしょう(^-^;?

 

アイツは敵となるらしい!

 

カイの養父で、三合会のボス、シックスは、「火」の力を宿していました。。

つまり、「五行」のひとりなんですね!

 

シックスは、手の平の上で、スカーレット・ウィッチのように火を操ることができます。

カイがシックスの養子だとは知らずに襲った(アパートで襲撃した)男たちは、シックスのパワーによってあっという間に焼き殺されてしまいました。。

 

1話では、僧侶がカイに宿っていると、気づいてないように見えましたが…いずれ二人は激突するのでしょう。。(Netflixの画像にも出てたし)

 

Sponsored Link

1話の感想

 

まずは1話をご紹介ということで、解説が多くなってしまいましたが、最後に1話の感想を書きます(^-^)

 

このドラマシリーズを見て、イコ・ウワイスが好きになってきました。

カイは、ホークアイみたいな雰囲気ですね(^-^)

イコのアクションは、どのシーンも素晴らしいんですが、私が気に入ったのは料理をするシーンです(笑)

包丁さばきがカッコイイ~

 

イコ・ウワイスよりもカッコイイと思うのが、シックス役のバイロン・マン!

悪者大好きなんで、彼のニヤリと笑う姿に惚れ惚れします…( *´艸`)

スーツ姿もステキ~

バイロン・マンは、ロック様の「スカイスクレイパー」に出てましたね!

 

そして、ガヴィン。

演じているのは、Netflix「ポーラー 狙われた暗殺者」でヴィヴィアンを演じたキャサリン・ウィニックです!

Netflix【ポーラー狙われた暗殺者】ブラック・カイザーの罪と悔い…マッツ・ミケルセン主演映画感想
マッツ・ミケルセンが無敵の暗殺者ダンカンを演じる!エロティックで過激なストーリーが魅力。Netflixアクション映画『ポーラー/狙われた暗殺者』あらすじ、キャスト、ネタバレ感想。 ※この記事は「映画でbreak!オレ・モカ...

ヴィヴィアンの時もカッコ良かったけど、あっさりやられちゃったんですよね。。

今回は、バッチリすごいアクションを見せてくれそうです!

 

インイン役の女優さんもかわいいですね(^-^)

でも、「殺せぇ!」という顏が怖い…かわいい顔して容赦なし(汗)

 

最後に、僧侶。

ジジイというには、カッコ良すぎませんか?!?!

僧侶役のマーク・ダカスコスは、「エージェント・オブ・シールド」や「ブラック・ダイヤモンド」に出演しているアクション俳優です。

「ジョンウィック3:パラベラム」にも出演しますよ!

 

他にも、ルーシンなど、気になるキャラがいます。

登場人物が魅力的なのがいいですね!

 

上にも書きましたが、ストーリーもいいです(^-^)

なんていうか、ワクワクする感じ。流れがスピーディーでいいですね。

 

舞台がサンフランシスコのチャイナタウンという設定は良かったんじゃないでしょうか。

基本は中国のアクションもので、東洋の神秘が前面に押し出されていますが、近代的な部分はアメリカ。その上にマクロウやガヴィンがヨーロッパの雰囲気を滲ませるので、東洋、西洋の型にハマらない、ハイブリッドな雰囲気が醸し出されてます!

東洋と西洋のクールな部分が詰め込まれているようですね(^-^)

 

2話以降、10話まで視聴するので、解説と感想は追記していきます。

まずは1話のご紹介でした!

 

●2話~5話までの解説と感想はこちら↓

Netflix【五行の刺客】2話~5話まで解説と感想。手強いシックス…新たな敵も登場!
カイは宿命を受け入れ、五行との戦いに備える。シックスは謎の僧侶を追う。ルーシンの手下となったガヴィンは、カイとシックスの争いに巻き込まれていく…イコ・ウワイス主演、Netflixオリジナル作品「五行の刺客」2話~5話までの解説と感想(ネタバ...

6話以降は10話まで視聴してからアップする予定です。

 

Sponsored Link

「五行の刺客」登場人物・キャスト

 

登場人物

 

◆カイ(イコ・ウワイス)

フードトラックで働くシェフ。五行の刺客に選ばれ、1000人の僧侶のパワーを得る。

◆ルーシン(ルイス・タン)

シックスの部下でカイの友人。盗んだ車を売却している。

◆シックス(バイロン・マン)

サンフランシスコの三合会のトップ。カイの育ての親。

◆ジェニー(リー・ジュン・リー)

カイの友人。レストランを経営している。

◆トミー(ローレンス・カオ)

ジェニーの弟。三合会とつるんでいる。薬物中毒。

◆クリスティン・ガヴィン(キャサリン・ウィニック)

サンフランシスコ警察の捜査官。C.G.と名乗りルーシンに近づく。

◆フランク・フレッチャー(クランストン・ジョンソン)

ガヴィンの上司。

◆マクロウ(トミー・フラナガン)

欧州からサンフランシスコへ来たギャング。

◆ザン(ジュージュー・チャン)

シックスの部下。

◆インイン(セリア・アウ)

カイの前に現れる謎の女性。僧侶のピースをカイに渡す。

◆僧侶(マーク・ダカスコス)

カイが戦う時に現れる僧侶。

 

イコ・ウワイスが出演する「マイル22」もよろしく!

画像引用: Wu Assassins Official Trailer © Netflix