【US/アス】2019年最高のホラー映画!見どころ紹介*ネタバレなし

ホラー映画
”2人”のアデレードが対峙した時、”彼ら”は襲撃を開始する…殺人を躊躇しない彼らから逃げ切れるか?!ジョーダン・ピール監督作品「Us/アス」ホラー映画好き必見の1本!あらすじ、見どころ、登場人物を紹介!ネタバレなし。

 

カモコです(^▽^)o

ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ主演の大ヒットホラー映画Us/アスが2019年9月6日、いよいよ日本公開されます!

予告動画に出現する、あの赤い服を着た不気味な4人は一体何者…

ニタニタと笑うドッペルゲンガーの目的とは…!

ストーリーは予想できない面白さ!あっと驚く仕掛けもあります。

今回は「Us/アス」の紹介とネタバレなし感想です。

 

「Us/アス」作品情報

 

 

原題:Us

ジャンル:ホラー

監督:ジョーダン・ピール

製作国:アメリカ

アメリカ公開日:2019年3月22日

日本公開日:2019年9月6日

時間:116分

 

「Us/アス」あらすじ

 

アデレード・ウィルソンは、夫のゲイブ、娘のゾーイ、息子のジェイソンと、夏の休暇を過ごすためにサンタクルーズへ向かう。

滞在先は、アデレードが幼い時に住んでいた家だ。

ビーチに到着した一家は大喜びするが、アデレードだけは沈み込んでいる。

彼女は、昔、そのビーチで怖ろしい体験をし、今でもトラウマが消えないのだ。

アデレードの不安が高まる中、ウィルソン一家は、夜遅くに敷地の入り口に侵入してきた4人の不気味な人影に気づく…。

 

Sponsored Link

 

「Us/アス」見どころ紹介とネタバレなし感想

画像引用:Us © 2018 UNIVERSAL PICTURES.

 

※ネタバレは伏せていますが、公式サイトや予告動画を見ればわかる範囲の内容は記載してます。

 

ホラー映画、2018年は「ヘレディタリー継承」が大ヒットしましたが、2019年の一番の話題作となるのは間違いなく「Us/アス」でしょう!

 

この映画、恐怖度は「ヘレディタリー継承」の2倍!!

 

私は一年以上前からこの映画に注目していたので、待ち遠しくて仕方ありませんでした。

(海外版の)予告動画が公開された時に、「この映画は絶対に私が最高だと思う映画だ!」とすっかり魅了されてしまったんです。

日本公開日が発表された時、地元(ちょっと田舎)の映画館での上映は期待できないだろう(いつものことですが)と思い、海外からDVDを取り寄せました。

 

手元に届いた時はうれしかったですねー♡

ホントに見たくて見たくて、待ちきれなかったので。。

 

※輸入版には日本語字幕がついてませんので、以下、日本語字幕と少し違う表現があるかもしれません。ご了承ください。

 

DVDを受け取った翌日、ウキウキ、怖々、「Us/アス」を鑑賞しましたが…これは不気味…最初から最後まで釘付けでした。

全米で大ヒットしたのが納得の怖面白さですよ!

 

「ヘレディタリー継承」は、映画の大部分が静かに進んだけれど、「Us/アス」は時々ハイテンションホラー映画好きが期待するような動きがありますよ♪

ホラーは、主人公たちが追いかけられ、必死で逃げる方がテンション上がりますよね(^-^)

 

ドッペルゲンガー

 

”私たちと見た目が同じ。考え方も同じ。彼らは一体ー…”

 

ある晩アデレードと家族の前に、真っ赤なユニフォームを着たドッペルゲンガーが現れます。彼らはあっという間に家の中に入り込み、アデレードたちの前に立ってニタニタと笑っている…。

 

見た目は同じですが、ちょっと違う。彼らは明らかに邪悪。敵意に満ちています。

 

ジェイソンのドッペルゲンガーは、彼だけ白いマスクを被っていて、全く同じではありません。

この子(プルートー)は地を這うように動くので、他のドッペルゲンガーより怖いです(゚Д゚;)

素早いし、まるでクモ!

 

邪悪さは、姉のアンブラの方が上です。

彼女も素早くて、ハサミを振り回しながらゾーイをとことん追い詰めます。

ウィルソン一家を見つめるアンブラの表情は狂気を帯びてます…一番怖いキャラだと思う(>_<)

 

.
ドッペルゲンガーは怖ろしい目的を持って、”彼ら自身”に会いに来たのです。

 

 

”彼らを止めるには、殺すしかない”

 

予告動画で確認できる通り、ドッペルゲンガーたちはアデレードと家族を襲います。彼らの手には金色に光るハサミ。武器は他に持ってないように見えますね。

 

ホラー映画には、斧、ナタ、チェーンソーなど、色んな武器を振り回す殺人鬼がいます。

「Us/アス」のドッペルゲンガーが振り回すのはハサミです。

ハサミが武器、と聞くと、それほどの殺傷力は無いんじゃないかと思いますよね。だけど、よく切れるハサミであればナイフと同じように使えるし、指などを挟んで切り裂くことができます。喉に突き刺せば相手の息の根を止めることができるかも。。日常的に使うものであるからこそ、余計に怖いと感じてしまいます。

 

ルピタ・ニョンゴの演技に注目!

画像引用:Us Official Trailer © 2018 UNIVERSAL PICTURES.

 

ゾーイ役の子も、ジェイソン役の子も、もちろん、ウィンストン・デュークの演技も素晴らしかったけれど、何と言ってもこの映画で最高なのはルピタ・ニョンゴ

迷うアデレード、怯えるアデレード、決意するアデレード、反撃するアデレード。アデレードの一挙手一投足から目が離せません!見てるとこっちまで力が入る(笑)

しかし、彼女の演技に圧倒されるのは、なんといってもラストシーン

私が気に入ったのは、ラスト前の一場面と、終了間際の一場面。

あの表情には背筋が寒くなりました…

オスカー女優の渾身の演技が楽しめますよ(^-^)

 

マディソン・カリーの表情が怖い…

 

「Us/アス」で一番怖いと思ったのは、マディソン・カリー演じる、幼少のアデレードが出るシーン。

予告動画にマディソンちゃんの驚愕の表情邪悪な表情がチラッと出てきますよ。(これだけでも十分怖い…)

 

大迫力の演技を見て、「幼いけれどキャリアを積んだ子役に違いない」と思ったら、なんと!マディソンちゃんが出演してるのは、この映画だけ!

学校の演劇の経験はあるとのことですが、「Us/アス」の子供アデレードに大抜擢されて、いきなりハリウッド大ヒット映画デビュー!

今後の活躍が楽しみな新人女優です(^-^)

 

「Us/アス」の冒頭8分間を見逃すな!

 

冒頭の8分間に、伏線がぎゅーっと詰まってます。

絶対にスクリーンから目をそらさないで、細部まできっちり確認しておいてください。

そうしないと、後半の展開がイマイチわからなくなるかもしれないし、冒頭はラストに繋がるので、どんな人物がいたか、何があったかしっかり記憶しておいてくださいね。

 

それからアデレードが幼い時の出来事を回想するシーンも重要です。

ちょっとしか映らないけれど、そこでのセリフも良く聞いて(見て)おいた方がいいですよ!

 

映画の全部が見どころと言っても過言ではないくらい、「Us/アス」には恐怖はもちろん、思わず笑っちゃう場面まであって、冒頭からラストまで大満足できると思います(^-^)

 

画像引用:Us Official Trailer © 2018 UNIVERSAL PICTURES.

 

映画を海外版DVDで視聴した時は、日本公開前にネタバレ記事を書かないようにしているので、9月6日以降にネタバレ感想をアップしますね。

 

「Us/アス」米公開後の興収と評価は?

 

2019年3月22日に全米公開された「Us」は大ヒット!

週末興収が$70,250,000でした…ホラー映画でこれだけの興収が出せれば大成功ですよ!

 

公開後の評価は、Rotten Tomatoesでは「批評家:94%」「ユーザー:69%」でしたRotten Tomatoes, Us(2019年3月25日時点)

 

IMDbでは「7.6」で、Metacriticでは「81」だったんです。

多くの批評家がジョーダン・ピール監督の才能と、ルピタ・ニョンゴの演技を高く評価しています。

 

2019年8月末時点では、Rottentomatoes「93%, 61%」、IMDb「7.0」と、少々下がっています。

低く評価した人のコメントを見ると、「期待し過ぎたんじゃないかな」と思います。

「ゲット・アウト」の方が良かった、という人もチラホラ。

期待し過ぎ、前作との比較による低評価はありがちですよね(~_~;)

 

全米公開後、M・ナイト・シャマラン監督が、ジョーダン・ピール監督に称賛のツイートを贈っています(^-^)

.

私個人の評価は、★5つ評価で「4.2」!

謎が多い映画なんですが、いくつかのシーンがわかりにくかったかな、と思いました。

しかし、これは好きなタイプの映画です~大満足(^-^)

 

Sponsored Link

「Us/アス」登場人物・キャスト・監督

 

登場人物

 

◆アデレード・ウィルソン/レッド(ルピタ・ニョンゴ)

◆ゲイブ・ウィルソン/アブラハム(ウィンストン・デューク)

◆ゾーラ・ウィルソン/アンブラ(シャハディ・ライト・ジョゼフ)

◆ジェイソン・ウィルソン/プルートー(エヴァン・アレックス)

◆キティ・タイラー(エリザベス・モス)

ウィルソン一家の友人。

◆ジョシュ・タイラー(ティム・ハイデッカー)

キティの夫。

◆ベッカ・タイラー(カリ・シェルドン)

キティの双子の娘。

◆リンジー・タイラー(ノエル・シェルドン)

キティの双子の娘。

◆ラッセル・トーマス(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世)

アデレードの父親。

◆レイン・トーマス(アナ・ディオプ)

アデレードの母親。

 

ジョーダン・ピール監督

 

「ゲット・アウト」監督以前のジョーダン・ピールをあんまり知らないんですが、元々はキーガン=マイケル・キーとコンビ組んでたコメディアンだったんですよね。

映画「キアヌ」に二人で出演しています。

オバマ元大統領のモノマネもしていたみたいです。

 

その彼が、突然去年の「ゲット・アウト」でホラー映画監督デビュー!低予算映画は口コミで大ヒットしました(^-^)

「ゲット・アウト」はアカデミー賞の脚本賞を受賞しましたが、脚本を担当したのもジョーダン・ピール。

.

「ゲット・アウト」はストーリーがいいですよね。ただ怖がらせるだけのホラーじゃない。不思議の国に紛れ込んだような、奇妙な感じがします。時々クスッと笑えるし。

この映画見てから、コーヒーや紅茶をかき混ぜる時に、思わずスプーンを見つめるようになりました…(^-^;

 

「Us/アス」のプロデューサーには、監督のジョーダン・ピールを始め、「ドニー・ダーコ」のショーン・マッキトリック、ブラムハウス・プロダクションズのジェイソン・ブラム、そして「ゲット・アウト」に参加したイアン・クーパーが名を連ねています。

これだけ揃えば面白くない訳がないですね!

 

「Us/アス」メインキャスト

画像引用:Us © 2018 UNIVERSAL PICTURES.

 

主役のアデレードを演じるのは、オスカー女優のルピタ・ニョンゴ

それでも夜は明ける」や「ブラックパンサー」出演で世界のトップスターとなりました。

.

次回の出演作は「スターウォーズ:スカイウォーカーの夜明け」!(マズ・カナタ役)

そして、ジェシカ・チャスティン主演のスパイ映画「355」に出演予定です。

 

アデレードの夫、ゲイブ役は「ブラックパンサー」のエムバク役として知られるウィンストン・デューク

日本のアニメやマンガが大好きみたいです。親近感わきますね(^-^)

今後は、マーク・ウォールバーグ主演の「Wonderland」やビル・スカルスガルド主演の「Nine Days」に出演するようです。

 

二人の娘ゾーイとジェイソンは、それぞれシャハディ・ライト・ジョゼフと、エヴァン・アレックスが演じています。

シャハディは、テレビ映画の「Hairspray Live!」でアイネス役を務めてます。アレックスは数多くのテレビシリーズやショートフィルムに出演。二人とも若いけれど、キャリアのある俳優です(^-^)

 

ジョーダン・ピール監督が選んだ10本の映画

 

ジョーダン・ピール監督は、メインキャストに、以下の10本の映画を見るように指示したそうです。

 

・愛と死の間で

・シャイニング

・ババドック~暗闇の魔物~

・イット・フォローズ

・箪笥(たんす)

・鳥

・ファニー・ゲームU.S.A.

・マーターズ

・ぼくのエリ 200歳の少女

・シックス・センス

 

上記10本の中で私のおすすめは、ケネス・ブラナーとエマ・トンプソン(当時)夫婦共演の「愛と死の間で」。

「Us」との共通点は「ハサミ」と「過去」。

ハサミって、普段の生活で使っている時は何とも思わないのに、ホラーに使われるとなんでゾオっとするんでしょうねぇ…(-_-)

 

ファニー・ゲームU.S.A.」はトラウマ映画の1本ですねぇ。

そうね、ある日突然、得体の知れない何者かに襲われる映画と言えばコレですね。。「Us」の何倍も不条理ですが。

 

Sponsored Link

まとめ:「Us/アス」を強くお勧めします!

 

ホラー映画ファンは必見ですよ!

上映劇場が多くはないようですが、少し遠出しても見る価値あると思います(^-^)

ぜひとも、ルピタ・ニョンゴの狂気の表情を見てください~

 

メインキャスト以外で、特に印象的だと思ったのは、エリザベス・モス演じるキティの双子の娘たち

ホラー映画で双子がハモると何となく落ち着きませんね(^-^;

ここが気に入る人は結構いるんじゃないかなあ。

 

私の地元の劇場でも遅れて公開されるようです!やった!スクリーンで見るのも楽しみです♪

 

画像引用:Us © 2018 UNIVERSAL PICTURES.