【マリアンヌ 呪われた物語】Netflixホラー2話~最終話感想。エマと友人の残酷な運命。

Netflixオリジナル
エマの過去が明らかになるにつれ、魔女の呪いと陰謀が暴かれてゆく。エマやサミュエルはマリアンヌを殺すことができるのか?巻き込まれたカミーユの運命は?Netflixオリジナル「マリアンヌー呪われた物語ー」最終話まで視聴した感想。

 

カモコです(^▽^)o

Netflixオリジナル「マリアンヌー呪われた物語ー」は、久しぶりに「面白い!」と言えるホラーシリーズでした(^-^)

マリアンヌと彼女に憑りつかれた人々が行動を起こすたびに、犠牲者が残酷な目に遭い、見ているこちらも凍り付きましたが、2話以降は少し笑えるような場面も挟まれて、思ったより気軽に見ることができました!

 

今回は、2話から8話(シーズン1最終話)までの感想を、登場人物別に書いています。

 

まだ「マリアンヌー呪われた物語ー」を視聴していない方は、こちらのネタバレ記事を読む前に、まずは1話の感想記事をどうぞ(^-^)

Netflix【マリアンヌ 呪われた物語】魔に憑りつかれ、狂いゆく。フランスホラードラマ感想
魔女に憑りつかれたオバサンの表情に凍り付く…!久々に「怖い」Netflixオリジナル作品「マリアンヌー呪われた物語ー」。ホラー小説家エマの故郷で不気味な事件が連続する。魔女はなぜエマを狙う?1話のあらすじ、登場人物、キャスト紹介と感想(ネタ...

 

※この記事にはラスト8話までのネタバレが含まれています。ご了承ください※

 

「マリアンヌ 呪われた物語」ラスト8話までの感想(ネタバレあり)

 

まずは、全体の感想をネタバレなしで書きます。

 

2話以降、コミカルなシーン(主にサミュエル)や、これは必要なのだろうか?と思うような無駄なシーン(主にエマ)が挟まれ、1話ほどの不気味さや重さがなくなってしまったのは少々残念でしたが、ラストまで見て振り返ると、そんなに悪くないと思います。

 

ゾッとする恐怖シーンが多いと、麻痺してしまって恐怖を感じなくなる可能性もあるし、軽いシーンがあるおかげで、ちょっとだけ映し出されるマリアンヌの恐怖が際立ったように思います。

 

ホラーは、バケモノや殺人鬼がぎゃーぎゃーわめきながら出まくるより、おぞましい何かがチラチラ出てくる方が恐怖心を煽りますよね。

 

マリアンヌの手が、ドアの向こう側からじわーーーっと出てくるシーンは、どれも良かったです。

画像引用:Marianne Official Trailer © Netflix

 

しかも画面が暗く、良く見えないので、かえって想像力をかきたてられ、興味津々で見ハマりました(笑)

なんといっても、マリアンヌに憑りつかれた人々が見せてくれた、あの狂気の表情がドラマを盛り上げてくれました!みんな上手い!

 

そして肝心のストーリーも、なかなか良くできていましたよ(^-^)

ちょっとわかりにくかった場面(画面が暗いので)や、8話まで見ても意味がわからないこともありましたが、冒頭からの伏線は回収され、最終話でかなりスッキリしました。

 

わからなかったことは、きっとシーズン2で明らかになるのでしょう!…と、期待してます(^-^)

 

「”マリアンヌー呪われた物語ー”って怖い?」と尋ねられたら、「全体的には怖くないけど、時々ゾワッとするシーンがあるよ」と答えるかな。

 

悪魔や魔女に興味がある人にはおすすめですね。

「ヘレディタリー継承」が好きだったら、気に入るんじゃないでしょうか。

 

※以下、ラスト8話までのネタバレが含まれています。ご了承ください※

 

サミュエル・ロナン警部

 

2話で登場した風変わりな警部、サミュエル・ロナンは、オカルトマニアでエマの小説の大ファン。

マリアンヌの正体を知ると、普通の警察の捜査ではなく、オカルト的方法でマリアンヌを追い詰めようとしましたが。。

 

まんまとマリアンヌの策略にハマってしまいました(>_<)

 

画像引用:Marianne Official Trailer © Netflix

 

彼は最後までマリアンヌと戦ってくれるだろうと期待していたので、6話で死亡とはビックリ!

でも、命を絶つ直前、灯台の光に照らしだされたサミュエルが狂った笑顔を浮かべるシーンは、とても印象的でした!彼は十分に役割を果たしましたね(^-^)

 

ただ、エマの友人たちが地味なので、サミュエルにはもっと登場して欲しかったです。

もったいなかった。。

 

 

エマの友人たち

 

エマの高校時代からの友人として登場した、

カロリーヌ、

オーロラ、

セビ-、

アルノー(ノノ)、

トニオ。

 

カミーユやサミュエルに比べると、みんな印象が薄かったのが残念。。オーロラの少女時代はインパクト強すぎでしたがww

 

カロリーヌは、仲間の中で一番悲惨な目に遭いましたね。1話で首を吊って死んでしまったので、2話以降はお葬式と回想シーンのみ登場でした。

 

オーロラは、エマがマリアンヌの存在に気づく前から、マリアンヌの企みの犠牲になっていました。

マリアンヌは最初からエマを狙っていましたが、彼女を思い通りに動かすために利用した一番目の犠牲者が、オーロラの妹リュシーでした。

オーロラは、妹の事件にエマが関与していたと知らなかったので、7話で真実を知ってしまい、深く傷つきましたが、彼女は最終話まで勇気を振り絞って頑張りました!

シーズン2が制作されるなら、オーロラにもまた登場して欲しいです(^-^)

 

子連れと結婚したセビ-は、確かにハンサムではあるけれど、印象が薄い。。

オーロラほど勇敢でもないし、ラストの印象悪すぎ(=_=)

彼にはもう出てきて欲しくないです!(笑)

 

ノノと弟トニオは、彼らに降りかかった災いが、その他の事件に比べると地味だったせいで印象が薄い。。いい人たちだっただけに残念でした。

 

みんな頑張ったんですけどね~

サミュエルやドゥジョン夫人や神父のインパクトが強すぎて、霞んでます(^-^;

 

 

ドゥジョン夫人

 

一番印象的だった、カロリーヌの母親!

マリアンヌに憑りつかれた彼女の、あの狂気の表情が、間違いなくこのドラマの一番の見どころですねー。

ギロリと目を動かして、口の端を吊り上げて笑う彼女の怖ろしいこと…(;゚Д゚)

 

できれば8話まであのままでいて欲しかったけれど、ドゥジョン夫人は4話でマリアンヌから解放されました。

その代わり、目をダメにされ、エマの母親を殺した犯人として逮捕されてしまいました。。

振り返れば、マリアンヌのせいで人生の全てを奪われた、一番かわいそうな登場人物でした。。

 

画像引用:Marianne Official Trailer © Netflix

 

エマの両親

 

エマの両親は、二人とも素っ裸にされ、体中を傷つけられて散々でしたね(=_=)

あの体の傷の模様は、悪魔のシジルだったようです。

 

3話で、母親の方はドゥジョン夫人に殺され、父親は旧校舎に囚われていたところをサミュエルに発見されました。

父親は殺されなかったけれど、マリアンヌに憑りつかれたカミーユと一緒の病室だったせいで、さらに怖ろしい目に。。

 

8話でエマと話す、普通の状態に戻ったお父様の顔には、生々しい傷跡がありました。あの家で、ひとりぼっちで暮らすなんて可哀そうですね(T_T)

 

さて、1話で伏線として示された、エマと母親の確執の原因は、5話で明らかになりましたが、実際は、母親はエマを許していたようでした。突然、自分を激しく非難し、非行に走った娘には、何か理由があるんだとわかっていたんじゃないでしょうか。

 

全て、マリアンヌのせい。

 

 

神父様

 

1話以降、ほとんど出番のなかった神父が、7話のラストから大活躍!

 

エマ(マリアンヌ)に撃たれても刺されても、絶命しないロオマン・ザビエル!

最後の最後に、怪奇事件を解決してくれました!!

 

1話で登場した時は、感じの悪いおっさんだと思ったんですけど、彼はずっとマリアンヌの脅威から人々を守ろうとしていたんですね。

8話で明かされた、9歳当時の神父の決意には、ちょっと感動しましたよ。。

 

しかし。不屈の闘志で、マリアンヌにとどめを刺した神父でしたが、マリアンヌの真の目的は止められなかったのです…。

 

 

カミーユ

 

8話で退院したカミーユは、ひとことも口を聞きませんでした。。

が、

「地獄は海の近く」とだけつぶやきました。

そして、エマに何が起こったか知っていました。。

 

マリアンヌは、島の住人たちを呪っているので、本来ならカミーユは関係ないはずですが、エマと関わってしまったがために、マリアンヌに近い人物となってしまいました。

カロリーヌが崖の先に見た(らしい)”死者の町”とは、どんなところなんでしょうか。

 

シーズン2ができれば、間違いなくカミーユは重要人物のひとりになるでしょうね。

その時はエマを助けるのか、またマリアンヌに利用されてしまうのか。。

 

 

マリアンヌ

画像引用:Marianne Official Trailer © Netflix

 

4話で、マリアンヌがどんな人物だったのか、サミュエルが裁判記録を見ながら語ります。

 

なぜか子供の頃から不幸ばかりが続いたマリアンヌでしたが、大人になり一般男性と結婚。

その後、最初の子は焼け死に、2番目と3番目の子は行方不明になるという不幸にみまわれます。

子供たちが何者かに殺されたのか、それともマリアンヌが殺したのか、そこはハッキリしていません。

明らかになっているのは、マリアンヌが夫を殺し、その血で悪魔と契約したことー。

 

マリアンヌは、あの契約書をもって、悪魔ベレトと結婚していました!!

 

ベレトは、地獄の85軍団を統率する恐怖の王。地獄の大物ですね。

1話から登場する「シジル」は、ベレトのものだったんですね。

 

ところで、このドラマで一番の謎は、マリアンヌが作るあの袋です。

 

人間の皮膚に、歯と髪の毛を入れて、巾着のように閉じて天井からぶら下げられる、あれです。

 

ドゥジョン夫人の家の中に囚われていた、あの哀れな男(ご主人??)も、エマのお父さんも、あの袋のせいで身動きが取れずにいました。

 

「呪い」がかけられていることは明白ですが、一体どんな呪いなんでしょう?

ドゥジョン夫人が自らの歯を抜いていたシーンがあったので、あれはドゥジョン夫人の歯なのかな?と思いますが、呪いをかけるなら、普通相手の髪の毛や歯を使うんですよねぇ。。

あれが何なのか、ぜひシーズン2で明らかにして欲しいです!

 

Sponsored Link

エマ

 

エマの家の敷地に、たまたまマリアンヌが埋められていたのか、

それとも、

ラシモン家とマリアンヌの過去に因縁があるのか。

 

その辺りはわかりませんでしたが、とにかくエマは子供の頃からマリアンヌに操られていました。

カロリーヌがこっくりさんを提案したせいで、マリアンヌを呼び出してしまった訳ではなかったのです。。

 

私は、ラシモン家とマリアンヌの間に何かあったんじゃないかと思いますね。

エマ以上に、両親に対して行ったことが陰惨過ぎる。。

島の住民の中でもラシモン家を特に恨んでたんじゃないでしょうか…?

 

エマが島に戻ったのは、カロリーヌが戻るようにと言ったからでしたが、実際はマリアンヌの策略でした。

その後に起こった不幸な出来事全てが、マリアンヌの計画通りに実行されたのです。

それだけではなく、リュシーの件も、問題児になったことも、小説を書いて人々を死なせたことも、エマの過去の全てが操られていた。。

 

しかし、マリアンヌの本当の狙いは、エマの家族や友人を殺すことではなく、エマを不幸にすることでもなく、別にあったのです。

 

画像引用:Marianne Official Trailer © Netflix

 

ラストの小どんでん返し(大どんでん返し、という程ではないですねw)で、エマはマリアンヌの真の目的を知り、愕然としました(゚Д゚;)

 

あれはセビ-ではなかった。。じゃあ、一体、何…?!

もしかしたら、ベレト…??

猫というより真っ黒なタールのバケモノに見えましたが、あのような者とSxxとは…これは想像すると結構怖い(゚Д゚;)!

 

シーズン2が制作されるかどうか知らないんですけど、ぜひ続編を作って欲しいです。

エマのその後が気になる…!!

.

「マリアンヌー呪われた物語ー」作品情報

 

原題:Marianne

ジャンル:ホラー

監督:サミュエル・ボダン

製作国:フランス

Netflix配信開始日:2019年9月13日

話数:8話

画像引用:Marianne © Netflix